« 2013.8.12 長谷川穂積 ×ヘナロ・カマルゴ | トップページ | 2013.9.11 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ チャンピオン井岡一翔 × 同級5位クワンタイ・シスモーゼン »

2013.8.18 WBC世界スーパーフェザー級 タイトルマッチ 王者三浦隆司×同級1位セルヒオ・トンプソン

KO率9割を超えるハードパンチャーの挑戦者トンプソン。世界ランキング1位。文字通りの最強挑戦者。

しかも敵地メキシコで世界タイトル初防衛戦を迎えた王者三浦隆司選手。これだけの要素をそろえて闘うというだけで、三浦選手の強心臓振りが伺えます。

さて、試合ですが、三浦選手の良さが存分に発揮されたと思います。持ち前のハードパンチ。世界ランカーでも1発でダウンを奪うパンチ力は魅力です。加えて、打たれ強さ。

あの内山選手からパンチを打たれても倒れなかった打たれ強さは、KO率の抜群な最強挑戦者のパンチでも倒れませんでした。

正確には、8Rに、多分三浦選手が狙い過ぎて見過ぎたところに、右フックを受けてダウンを喫しましたが、その回の内に回復し、むしろ反撃に転じていました。

6Rも同様に、ラウンドの前半に良いパンチを挑戦者から受けてしまい、あわやダウンかという劣勢に立たされましたが、その回の終盤に反対に左右のパンチを決めて、ダウンを奪ってしまいました。

この打たれ強さと回復力の速さは魅力です。

判定は、まあ、多少地元びいきかな、とも思いましたが、私はそれほど大きな開きはなかったように感じました。

トンプソン選手もさすがに、ハードパンチを何発か決めていましたが、三浦選手の打たれ強さと、たくみな防御が上回った印象でした。

三浦選手について、目に付いたのは、クリンチの間際に短いパンチをコツコツ当てていたこと、クリンチを自らほどいて攻撃していたこと、の二つです。

多分、トンプソン対策として、随分練習してきたのではないでしょうか。

特に敵地では、勝つためにきわどい戦法を使う選手が多い中、日本人選手は綺麗すぎると言いますか、もう少しアグレッシブに行って良いんじゃないかと、常日頃、考えている私にとっては、三浦選手がクリンチを振りはらって、ショートアッパー、フック、小さなボディーブローでしつこく攻撃する姿が嬉しかったです。

その他には、相手のジャブの対策ですね。これも目を引きました。右手のパーリング、バックや左右に頭を動かして避け、驚くのは前に出てかわす動きでした。このハードパンチャー相手に良くできるなと思いました。あわよくばカウンターを狙うということかも知れませんが、一発もらったら終わるかも知れない相手に、これはすごいと思いました。

3-0の判定勝ちでしたが、陣営とすれば想定内の試合運びで、終わってみれば完勝といった結果ではなかったでしょうか。

三浦選手は、このハードパンチ、打たれ強さと回復力、そしてスタミナに度胸、帝拳というバックアップがありますので、この先、結構、防衛を重ねていくように思います。

ともかく、敵地でコンディション作りも大変だったと思いますが、三浦選手、ナイスゲーム!おめでとうございました。

最近の帝拳ジムの選手は、目の肥えたファンの多いメキシコやアメリカなどで行う試合が増えて、しかも、TVとはいえ生中継で観戦できるので、実に嬉しい限りです。

こうなると、選手もごまかしが効きませんので大変ですが、反対に世界中から本物のチャンピオンという称号が与えられることになると思います。

山中選手、帝拳ジムではありませんが内山選手、井岡選手などもどんどん海外で試合をして、本物のワールドチャンピオンだという称号をもらってほしいところです。

|

« 2013.8.12 長谷川穂積 ×ヘナロ・カマルゴ | トップページ | 2013.9.11 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ チャンピオン井岡一翔 × 同級5位クワンタイ・シスモーゼン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013.8.18 WBC世界スーパーフェザー級 タイトルマッチ 王者三浦隆司×同級1位セルヒオ・トンプソン:

« 2013.8.12 長谷川穂積 ×ヘナロ・カマルゴ | トップページ | 2013.9.11 WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ チャンピオン井岡一翔 × 同級5位クワンタイ・シスモーゼン »