« 2014.12.30 WBCライトフライ級タイトルマッチ ペドロ・ゲハラ(同級1位)×八重樫東(同級3位) | トップページ | 2014.12.30 WBOスーパーフライ級タイトルマッチ オマール・ナルバエス(王者)×井上尚弥(同級8位) »

2014.12.30 WBCライト級タイトルマッチ ホルヘ・リナレス(同級1位)×ハビエル・プリント(同級2位)

最近のリナレス選手は抜群に強いですね!

特に右のカウンターがキレまくりで、この試合もその右一発で試合が決まるのではと、目を凝らして観戦していました。最近のリナレスのスピードとキレがすごいので油断していると見逃してしまうと思ったのです。
しかし2位のハビエル選手もなかなかでしたね。このリナレス選手相手に好戦的に戦っていました。以前、日本でタイトルマッチをした時に、右フック一発でまさかの1ラウンドKO負けをしたリナレス選手でしたが、その右対策も万全でした。いつもそうですが、特にガードを高くして、よく相手を見ていました。打った後も、頭の位置を変えるなどディフェンスはほぼ完ぺきじゃなかったでしょうか。
良く相手を見ていたからだと思いますが、やはりカウンターのタイミングが見事でした。これは他の選手が練習してもなかなか身につくものではないかも知れません。
1ラウンドもカウンターでアッパーを打つあたり、思わずすごい!とうなってしまいました。
この試合もキレまくりでしたので、1ラウンドを終わって、この試合はかならずKOでリナレスの勝ちを確信しました。
ハビエルも距離の取り方、プレッシャーのかけ方が抜群で、ジャブも良かったですしパンチも的確でしたが、リナレスは最初ハビエルのジャブをまともに顔に受けましたが、次からは同じように喰うことは最後までありませんでした。同じパンチはかならず次に外していました。これが追撃を食らわなかった理由であり、勝因の一つだったと思います。
最後のKOパンチはカウンターではありませんでしたが、強烈な右ストレートでした。一発でノックアウトしてしまう今のリナレスのパンチは相手にとって本当に脅威だと思います。
3階級制覇のリナレス選手。次回からの防衛戦がとても楽しみになりました。可能なら世界の強いチャンピオンクラスと戦って欲しい気がします。今なら誰にでも勝てそうな感じです。
お疲れ様、リナレス選手!

|

« 2014.12.30 WBCライトフライ級タイトルマッチ ペドロ・ゲハラ(同級1位)×八重樫東(同級3位) | トップページ | 2014.12.30 WBOスーパーフライ級タイトルマッチ オマール・ナルバエス(王者)×井上尚弥(同級8位) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014.12.30 WBCライト級タイトルマッチ ホルヘ・リナレス(同級1位)×ハビエル・プリント(同級2位):

« 2014.12.30 WBCライトフライ級タイトルマッチ ペドロ・ゲハラ(同級1位)×八重樫東(同級3位) | トップページ | 2014.12.30 WBOスーパーフライ級タイトルマッチ オマール・ナルバエス(王者)×井上尚弥(同級8位) »