« 2014.12.30 WBOスーパーフライ級タイトルマッチ オマール・ナルバエス(王者)×井上尚弥(同級8位) | トップページ | 2014.12.31 WBA/WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ 王者リゴンドー×天笠尚(山上) »

2014.12.31 井岡一翔×ジャン・ピエロ・ペレス(元WBAフライ級暫定王者)

大みそかの試合にもかかわらず世界タイトルマッチではなくて、井岡選手にとっては少々物足りない試合だったかも知れませんが、昨日の村田選手のように、世界戦ではないためにかえって色々なことを試すことができた試合ではなかったでしょうか。

世界戦ほど気持ちの乗り方が高ぶってはいない印象でしたが、結果的にフライ級でしかも元暫定王者相手にKO勝ち。内容もまずまずだったと思います。
まず良かったのは、コンビネーションからのボディブローですね。相変わらず形が奇麗で体重が乗った良いパンチだと思います。
相手のペレス選手も元暫定王者というだけあって、なかなかテクニカルなうまい選手でした。特に左のパンチの使い方が上手で、序盤、井岡選手のパンチの打ち終わりを必ず狙っていて簡単に試合の主導権を渡しませんでした。また井岡選手の得意の左ボディに対し左フックや、左ジャブに左アッパーのカウンターを合わせ、時には左フックに右フックを打ってみたり、非常に脅威を感じさせます。このペレス選手の左のパンチは、お手本とも言えるものではないでしょうか。一方、ディフェンスも抜群で、身体を上下にダッキングしたり、サークくリングでまともにパンチを当てさせないあたり、さすがだなと思いました。
今の井岡選手にとっては、相手にとって不足なし、といった感じです。

そのペレス選手に対し、井岡選手も打ち終わりを狙っていて、どちらもアグレッシブでありかつ基本に忠実なボクシングで見ごたえがありました。
この試合で井岡選手の良かったところは、左のパンチが多彩なペレス選手に対し、右のガードを常に高く保っていたところだと思います。そしてバックステップも良かったですね。打ち終わりを狙われているので、パンチの当たらない場所へすぐに移動するスピードもありました。
この攻撃と守りの非常にバランスのとれたペレス選手に、最後はそれまでに出していなかった左ボディーブローからボディへ意識をさせた後、フェイント気味に放なった右顔面へのストレートが見事に決まりKOになりました。
この難敵に、体重を上げて来たこのクラスでお見事なKO勝ちだったと思います。次回の世界戦が楽しみになりました。
井岡選手お疲れ様でした。3階級、4階級制覇を目指してがんばって欲しいと思います。

|

« 2014.12.30 WBOスーパーフライ級タイトルマッチ オマール・ナルバエス(王者)×井上尚弥(同級8位) | トップページ | 2014.12.31 WBA/WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ 王者リゴンドー×天笠尚(山上) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014.12.31 井岡一翔×ジャン・ピエロ・ペレス(元WBAフライ級暫定王者):

« 2014.12.30 WBOスーパーフライ級タイトルマッチ オマール・ナルバエス(王者)×井上尚弥(同級8位) | トップページ | 2014.12.31 WBA/WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ 王者リゴンドー×天笠尚(山上) »