« 2014.12.31 WBA/WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ 王者リゴンドー×天笠尚(山上) | トップページ | WBCライトフライ級タイトルマッチ 王者 拳四朗 × 同級1位 ジョナサン・タコニン »

2014.12.31WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ 王者・内山高志×同級8位イスラエル・ペレス

2014年の年末のおおとりは、やっぱりこの人・内山高志選手でした。

1年振りとなる試合でしたが、不安を感じさせず、報道によりますとハードパンチのゆえに痛めていた右拳もほぼ癒されたそうで、長期休養はいろんな意味で良かったと思います。

この日の内山選手は、基本通りの左ジャブがとても良かったですね。リードの左ジャブがあれだけたくさん相手を捉えると、攻撃がしやすいと思います。昔、左が世界を制すと良く言われていましたが、今でもその通りだということを証明したような試合でした。
リードのジャブが必要なのは、何よりも自分の距離で戦う事ができるので、次のパンチを繰り出すと当たる確率がグンと上がります。しかも試合のペースを握りやすい。反対の立場から見れば相手のリードのジャブを簡単に食らったり、グローブでカバーしてるだけではいけないということですね。距離とペースをつかませないという点で、とても大切な左ジャブという訳です。

同日行われたリゴンドー選手がこの点でとても長けていると思います。

さて、内山選手はこの試合で、基本のジャブを丁寧に多様しつつ、攻撃面ではいろいろ試しながらやっている印象でした。井岡選手と言い、内山選手と言い、かなり試合運びに余裕があるなと思いました。

ペレス選手も挑戦者らしく、手数を多く繰り出し、勇敢に内山選手に向かっていましたが、いかんせんパンチ力に違いがありすぎました。最初から、強烈な力に圧倒されているようでした。今までに経験したことのないようなパンチ力だったのではないでしょうか。ジャブをまともに食らって、蛇ににらまれたカエルのような場面が何度もありました。

内山選手は、相手の右ストレートに対して、タイミングを測る右カウンターや、ガードの外側からねじ込んで当てる右フック、接近戦での左ボディブローなど、まるで練習をしているかのようでした。貫禄のあるチャンピオンですね。

唯一気になったのは、ディフェンス時のグローブに位置ですね、今までの防衛戦と比較すると少し相手との距離が近い気がしました。先ほどあげた、フック気味の右やボディブローを意識して近づいていたのかも知れませんが、これらを試していたとすればたいしたものだと思います。
ペレス選手もカウンターを始め、左ボディや内山選手の左にかぶせた左フックなど、いろいろ研究していた成果もあったように思いますが、あまりの破壊力に戦意喪失したみたいですね。

それにしてもボクシングにおけるパンチの破壊力は、とてつもなく大きな魅力です。

この年末は井上選手と内山選手の見事なKOが、いかにも王者らしい何よりも光ったタイトルマッチだったと思います。

|

« 2014.12.31 WBA/WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ 王者リゴンドー×天笠尚(山上) | トップページ | WBCライトフライ級タイトルマッチ 王者 拳四朗 × 同級1位 ジョナサン・タコニン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014.12.31WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ 王者・内山高志×同級8位イスラエル・ペレス:

« 2014.12.31 WBA/WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ 王者リゴンドー×天笠尚(山上) | トップページ | WBCライトフライ級タイトルマッチ 王者 拳四朗 × 同級1位 ジョナサン・タコニン »