スポーツ

WBA世界ミドル級タイトルマッチ 王者ロブ・ブラント(米国)× 同級4位 村田諒太(帝拳)

いや~この試合は、本当にすごかった!感動以外何物もない試合でした!

 

前回、あれだけコテンパンにやられた相手ですから、この試合が組まれた時点で、村田選手はまた同じ展開で負けるのではないか、対策をしたところでせいぜい1~2R挽回するのが関の山ではないか、と誰でも考えたと思います。私もつまらない試合が組まれたなと始めは思いました。

日常の会話と同じで、何かかみ合わない相手とか、やりとりにしっくり感がない人とか、そういうことが誰にでもあると思いますが、そういう相手に自分の主張を理解させるのは至難の業です。

村田は良い選手だけど、相性の悪さっていうのはボクシングにもあって、いかんともしがたいんですよね~、とある元東洋太平洋のチャンピオンが話してくれました。ボクシングにも克服するのが難しい相性の良し悪しは、やはりあることでしょう。

しかし、村田選手にはそういった難しい現状を、何とか覆してくれそうな期待や予感を感じさせてくれる選手であることも事実です。

今までのボクサーにない、何といいますか、やはり賢さなのでしょうか。

 

注目の1Rは、出だしからチャンピオンのブラント選手が積極的に攻めてきて、いかにも主導権は自分にあるんだぞというインパクトを与えてきた印象でした。挑戦者の村田選手に対して、前回の試合を再び思い出させ、精神的なプレスをかける作戦かなと思いました。

しかし、村田選手はこの試合にかける意気込みと準備が整っていたようで、一瞬の動揺はあったかもしれませんが、徐々に手数を出しながら、右のボディーブローや初めて見るような右フック?で対抗して、手も足も出なかった前回とは全然違う状態のようでした。

チャンピオンは手数とフットワークで対抗し、まあ、1Rはブラント選手が優勢かなと思いましたが、村田選手はとにかく被弾覚悟で前に出る積極的な攻めの気持ちが見られましたので、何かが起こりそうなワクワク感も感じられました。村田選手が右ボディーを放った後、チャンピオンがフットワークで左回りに逃げようとした時、すかさずの左ボディも初めて見たカウンター気味の良いパンチだと思いました。

多くのボクシングファンにとって試合の楽しみと言えば、KOはもちろんですが、恐怖を乗り越えて前に進む、この夜の村田選手のような勇気を見ることもそのひとつではないでしょうか。

2R目には、ブラント選手も前回の村田選手とは少し違った印象をもったのか、手数は出すものの、村田選手の気勢をそぐような軽いパンチを見舞うだけで、本気で効かせるような強いパンチを打っているようには見えず、警戒しながらフットワークを使ってポイントを取りに行くのかなと思いました。

パンチを出しつつ村田選手のパンチを防御する方向へシフトしたのでしょうか。これは私の感想ですが、ブラント選手が前回と違う村田選手を肌で感じ少し焦りがあったのではないかという気がします。そのような作戦へと舵をきったため、手数は多く見受けられましたが、ちょっとしたとまどいの中で、村田選手の得意の右ストレートを受けてしまったのではないでしょうか。ともかくこの村田選手の強烈なパンチがヒットしてから一気に観るもののボルテージがあがりました。

 

明らかに村田選手攻勢となりましたが、更に意外なことに村田選手の左フックがブラント選手の顔面をとらえ、これがかなり効いてダウンに繋がったようでした。この左フック、これも過去の村田選手の試合では見たことのないパンチでした。

村田選手は右ストレートが強烈で、このパンチひとつでチャンピオンになったと言っても過言ではないと思いますが、この左フックは意外でした。自分でも話していたとおり、短期間でボクシングの幅をかなり広げたと思います。

そして、ダウンの後は一方的にパンチを浴びせ見事なTKO勝ち。

あっ、そうそう。もうひとつ村田選手の動きに注目したのが、クリンチをさせない体の使い方ですね。2Rにラッシュをかけた時、相手がクリンチに逃れようと村田選手の方に体を寄せて組みきていましたが、テクニックか偶然なのか、うまくかわしてパンチを当てていき、これもTKOに繋がったと思います。チャンスにややもするとクリンチをされてKOを逃すシーンは、いろんな試合でも見られるものですが、この試合、村田選手がパンチを打ち続けることができたのも、クリンチさせなかったということがあります。

 

さて、さて、それにしても私がボクシング観戦でここまで心がゆさぶられたのは、長谷川穂積選手が最後のタイトルマッチでTKO勝ちして以来ですね。その試合は会場で生観戦していたので特に感動したのですが、観客は総立ちで長谷川選手に拍手を送っていました。今回の村田選手も、会場ではそれくらいの感動があったのではないでしょうか。ともかく、村田選手は他のボクサーにない個性をもっていると思っていましたが、あんな結果を出すなんて、昨夜の試合は本当に感動させられました。

村田選手は、試合後のインタビューでチーム帝拳に感謝の言葉を連発していましたが、本当に大きなプレッシャーに中で帝拳ジムのサポートに感謝していたのだと思います。しかし、一瞬涙を流す場面があり、やっぱり個人的にはすごく大きな不安があって、それをはねのけた安ど感が、村田選手の涙に繋がったのではなかったでしょうか。

チームのサポートはすごく大きいと思います。しかし、リングの中まで手とり足取りサポートはできません。

相手との対戦は、やはり自分だけ。

村田選手は不安はある、しかし、不安は自分を成長させてくれる、といったようなコメントを残していました。

何かと不安の多い世の中で勇気づけられる言葉だと思います。

 

試合の何日か前に帝拳ジムの本田会長が、村田選手の練習を見せるために相手のスタッフを招待したという、新聞記事を読みました。

招待という言葉に違和感があり、真実は分かりませんが、もしかしたら本田会長は村田選手の勝利を確信しているのかなとも思ったものでした。試合後の感想を聞いてみても、想定どおりの試合だったみたいで、さすがにボクシンングを見る目が違うなと感心しました。

ともかく、大きな感動を与えてくれた村田選手、ありがとうございました。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2014.12.31 WBA/WBOスーパーバンタム級タイトルマッチ 王者リゴンドー×天笠尚(山上)

まさかのリゴンドーが来日でしたね。

本当に実現するとは思いませんでした。
なんだかんだ言いながらこればかりはテレビ局のお蔭かも知れません。
私は名古屋に在住していますので、大阪なら近いし会場まで足を運ぼうかと考えましたが、もうひとつの世界戦・内山高志選手も見逃せないなと、今回はあきらめてテレビ観戦致しました。
しかし天笠選手とリゴンドー選手。
誰がどう見てもボクシングの力量差が歴然としていて、ビートたけしが失礼な言い方だけどとか、本人自らももそう話しているように、1%の可能性を信じて戦いに挑む天笠選手の、まずは勇気をたたえたいと思います。ボクシングの魅力は何よりも戦う勇気だと思います。

テレビ局がこのボクシングの世界戦を放映する構成が、スポーツのバラエティの中の一角でしたので、おそらくボクシングファン以外の方々も御覧になっているはずで、そんな中、リゴンドーがあまりにも一方的に天笠選手を打ちのめし、あっという間に試合が終わってしまい、ボクシングなんて所詮こんなもの、と思われてしまうのが気の小さい私の最悪のシナリオでした。

しかし思いのほか、天笠選手がリラックスしていたので、こちらが驚きました。一方のリゴンドーも天笠選手の背が高いのでちょっと勝手が違う感じでしたね。1ラウンドが無難に終わって少し安心しました。

さすがにリゴンドーはこのやりにくそうな天笠選手に対してボディーからスピードのあるジャブ・ワンツーなど、レベルの高さを伺わせます。天笠選手は、当初相打ちの作戦と話していましたが、繰り出すパンチを華麗なステップやダッキングでいとも簡単に外してしまい、やはり天笠選手ではこの相手には難しいなと思わせる序盤でした。あのドネアでさえ手を焼いてまともにパンチを浴びせられなかったリゴンドーです。役者が違うかな、というのが正直な感想でした。

その後も天笠選手は、多分、得意なんでしょう、右のカウンター・ストレートを狙っているようでしたが、足早に逃げられてパンチが当たりません。リゴンドーは余裕があって、ステップを使わない時は、天笠選手のジャブを軽くパーリングしていたり、試合を楽しんでいるようでした。

後、妙にリゴンドー選手が紳士的だったのには驚きましたね。クリンチの離れ際に汚いパンチで相手をKOしたり、ちょっとずるがしこく正々堂々と戦わない印象をもっていましたが、この試合のリゴンドー選手は余裕があったのか、なかなか紳士的でした。

リゴンドー選手は、ガードの高い天笠選手に対してちょっと攻めあぐねている感じもありました。いくら相打ち狙いでも、さすがにリゴンドーのパンチをまともに食らってしまっては試合にならないので、このガードを高く保っていたのは良かったと思います。しかし、それでもちょっとした隙間を良く狙って、スピーディに踏み込んで空いた場所へパンチを入れ、相手が打ってきた時にはもういない・・・。時に天笠選手の左ジャブに対し、左ジャブを返す・・・相手にジャブを当てさせず、決して主導権を渡さない上に、攻め手をたくさんもっている、このチャンピオン・リゴンドーは実にうまいなと改めて関心して見ていました。

先に展開を有利に運んだのは、やはりリゴンドー選手でした。天笠選手のガードが高いとみるや、両手のガードの下側からアッパーカットをすごいスピードでねじ込んで来ました。これにはさすがに天笠選手も対応できていませんでしたね。ここから一気にたたみかけるパンチ。天笠選手はこれで終わりかと思いましたが、意外や意外、持ちこたえてステップしながら、まだまだ大丈夫だと自らアピールしていましたが、これには会場も大いに湧いていたようでした。

しかし、こんな絵にかいたような劣勢の試合の中盤に思わぬ天笠選手のパンチが炸裂しました。解説者もパンチの打ち方が奇麗なものではなく上半身と下半身がバラバラでしたけど、と言っていましたが、これこそ最後の1%に賭ける執念だったのだと思います。天笠選手の自分の後ろに回り込んだリゴンドーに対し、半分体をよじりながら放った、しかし、この時の天笠選手のパンチ、実に正確にリゴンドーの顎を捕えました!

お見事!

私、ぼんやり見ていたのですが、急に目が覚めてきました!(笑)
天笠陣営の会長が、天笠選手は当て勘が良いと話していましたが、そんな良さの出た場面ではなかったでしょうか。二度目のダウンも奪って、今世紀最大の番狂わせがやって来そうな展開になりました。
すごい!これぞボクシング何が起こるか分からないぞ!とワクワクして見ていました。

リゴンドー選手も完全に効いていて、足取りがおぼつかず、後一発を急所に決めていたら、というラウンドでした。実に惜しかったです・・・・


次のラウンド以降も天笠選手が手数を出して行けば、かなり奇跡が起きそうでしたが、多分、減量の影響ではないでしょうか、スタミナ切れという感じでしたね。
その後はリゴンドー選手が回復して、天笠選手のスタミナ切れを読み切って正面からワンツーで天笠選手はダウン。良く立ち上がりましたが、もう燃料切れの天笠選手には戦うエネルギーはありませんでした。

それにしても例え99%勝てそうにないくらい強い相手でも、威力のあるパンチを一つ打ちこめば、勝敗がひっくりかえるかも知れないという、ボクシングならではの面白さを伝えてくれた試合でした。

正直、天笠選手にはあまり期待していませんでしたが、リゴンドー相手に良い試合を見せてくれたと思います。本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.31 井岡一翔×ジャン・ピエロ・ペレス(元WBAフライ級暫定王者)

大みそかの試合にもかかわらず世界タイトルマッチではなくて、井岡選手にとっては少々物足りない試合だったかも知れませんが、昨日の村田選手のように、世界戦ではないためにかえって色々なことを試すことができた試合ではなかったでしょうか。

世界戦ほど気持ちの乗り方が高ぶってはいない印象でしたが、結果的にフライ級でしかも元暫定王者相手にKO勝ち。内容もまずまずだったと思います。
まず良かったのは、コンビネーションからのボディブローですね。相変わらず形が奇麗で体重が乗った良いパンチだと思います。
相手のペレス選手も元暫定王者というだけあって、なかなかテクニカルなうまい選手でした。特に左のパンチの使い方が上手で、序盤、井岡選手のパンチの打ち終わりを必ず狙っていて簡単に試合の主導権を渡しませんでした。また井岡選手の得意の左ボディに対し左フックや、左ジャブに左アッパーのカウンターを合わせ、時には左フックに右フックを打ってみたり、非常に脅威を感じさせます。このペレス選手の左のパンチは、お手本とも言えるものではないでしょうか。一方、ディフェンスも抜群で、身体を上下にダッキングしたり、サークくリングでまともにパンチを当てさせないあたり、さすがだなと思いました。
今の井岡選手にとっては、相手にとって不足なし、といった感じです。

そのペレス選手に対し、井岡選手も打ち終わりを狙っていて、どちらもアグレッシブでありかつ基本に忠実なボクシングで見ごたえがありました。
この試合で井岡選手の良かったところは、左のパンチが多彩なペレス選手に対し、右のガードを常に高く保っていたところだと思います。そしてバックステップも良かったですね。打ち終わりを狙われているので、パンチの当たらない場所へすぐに移動するスピードもありました。
この攻撃と守りの非常にバランスのとれたペレス選手に、最後はそれまでに出していなかった左ボディーブローからボディへ意識をさせた後、フェイント気味に放なった右顔面へのストレートが見事に決まりKOになりました。
この難敵に、体重を上げて来たこのクラスでお見事なKO勝ちだったと思います。次回の世界戦が楽しみになりました。
井岡選手お疲れ様でした。3階級、4階級制覇を目指してがんばって欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.30 WBCライト級タイトルマッチ ホルヘ・リナレス(同級1位)×ハビエル・プリント(同級2位)

最近のリナレス選手は抜群に強いですね!

特に右のカウンターがキレまくりで、この試合もその右一発で試合が決まるのではと、目を凝らして観戦していました。最近のリナレスのスピードとキレがすごいので油断していると見逃してしまうと思ったのです。
しかし2位のハビエル選手もなかなかでしたね。このリナレス選手相手に好戦的に戦っていました。以前、日本でタイトルマッチをした時に、右フック一発でまさかの1ラウンドKO負けをしたリナレス選手でしたが、その右対策も万全でした。いつもそうですが、特にガードを高くして、よく相手を見ていました。打った後も、頭の位置を変えるなどディフェンスはほぼ完ぺきじゃなかったでしょうか。
良く相手を見ていたからだと思いますが、やはりカウンターのタイミングが見事でした。これは他の選手が練習してもなかなか身につくものではないかも知れません。
1ラウンドもカウンターでアッパーを打つあたり、思わずすごい!とうなってしまいました。
この試合もキレまくりでしたので、1ラウンドを終わって、この試合はかならずKOでリナレスの勝ちを確信しました。
ハビエルも距離の取り方、プレッシャーのかけ方が抜群で、ジャブも良かったですしパンチも的確でしたが、リナレスは最初ハビエルのジャブをまともに顔に受けましたが、次からは同じように喰うことは最後までありませんでした。同じパンチはかならず次に外していました。これが追撃を食らわなかった理由であり、勝因の一つだったと思います。
最後のKOパンチはカウンターではありませんでしたが、強烈な右ストレートでした。一発でノックアウトしてしまう今のリナレスのパンチは相手にとって本当に脅威だと思います。
3階級制覇のリナレス選手。次回からの防衛戦がとても楽しみになりました。可能なら世界の強いチャンピオンクラスと戦って欲しい気がします。今なら誰にでも勝てそうな感じです。
お疲れ様、リナレス選手!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.30 村田諒太(帝拳)×ニック・ロウ(米国)

年末になりました。

ここ数年は大みそかに世界タイトルマッチが行われるようになり、少しはボクシングの人気も上がって来たかなと期待していた中、今年は8試合も世界タイトルマッチが開かれるというファンにとってはこの上なく嬉しい年の瀬になりましたね。
しかも、タイトルマッチ以外にも、オリンピック金メダリストの村田選手や元世界チャンピオンの井岡一翔選手・宮崎亮選手などの試合も組まれていて、いよいよボクシング界も本腰入れてファン拡大に取り組始めたのでしょうか。
しかも民放のテレビ局が放送してくれているのが嬉しいですね。
大掃除も済ませてゆっくりテレビ観戦することができました。
さて、今日12月30日は、まず村田諒太選手×ニックロウ選手の試合からです。
村田選手は、解説の西岡利晃氏も話していましたが、今日の試合は世界戦に向けてさまざまなテストをしているような印象でした。まあ、何と言っても世界タイトルは12ラウンドですから、この長丁場をどうやって戦うか、スタミナやペース配分を身につける必要があるといった感じでしょうか。12ラウンド以外は、無理にKOを狙わずフルに10ラウンドを戦おうという様子み見られました。
攻撃としては、特に今日は右フックをガードに隙間から打ち込むパンチをたくさん打っていたのが印象的でした。ゴロフキンにスタイルを取り入れたのでしょうか。ガードが堅い選手相手に良く決まっていたと思います。
ジャブもたくさん手数が出て、右ボディのストレートや左ボディも的確でした。
終盤は、ワンツーや連打も交えて、ほぼ思うような攻撃の練習?はできたのではないでしょうか。
しかし、おそらく今日の村田選手は最初からディフェンス重視の作戦だった気がします。やはり世界の重量級には一発で試合を決めてします強烈なハードパンチャーがゴロゴロしていて、それをひとつ喰ったらおしまいということが有るわけでして、上に行けば行くほど今まで以上に相手のパンチをもらわないということが大切になってくると思います。そういう意味ではいろいろなことを試していましたね。
ガードが高くボディブローの対応もほぼ完璧でした。特に左のガードが高くまともに受けたパンチは1・2発くらいでしたでしょうか・・・
サークリングのステップも基本通りでしたし、相手のパンチも良く見ていて、予想外のパンチは受けていないと思います。
相手の正面に立たないで、位置を変えてはパンチを放つ、そういう器用さも見られました。
終盤KOできなかったこと以外は、ほぼ思い描いていたような試合ではなかったでしょうか。
とここまで書きますと満点に近い試合だったように思われますが、ただ、ちょっと気になる点もいくつかありました。
序盤、スタミナ配分の関係でしょうか、何となくパンチに切れがなかった印象です。距離が相手の有利になった時に、パンチはガードしていますが、何もせず見ている時間がちょっと長い気がします。
それと関連しますが、もう少し気になるのがカウンターが少なすぎの部分です。まず、ディフェンシブに戦うということだったら仕方がない気もしますが、今までに見た試合でも、カウンターが少なかったと思います。もちろん、並はずれたパンチ力があるので自分から攻撃したパンチで相手をKOすることができましたが、これから打たれ強い世界ランカーと対戦した場合、ちょっと心細いです。もし、このパンチ力にカウンターがあれ相当世界と戦えると思いますが。
もうひとつは右のボディーブローを打つ時に軸の位置がぶれるのが気になります。重心が高く不安定でここにカウンターをくらうと危ないです。
ともかく、ゴールドメダリストとして期待も高い村田選手なので、かなり慎重な試合運びになるとは思いますが、もう一皮むけるために、世界挑戦までに何試合かは必要な気がします。
村田選手には、何とかこの重量級で世界タイトルを獲ってもらいたいという期待が膨らむので、血のにじむような練習と減量をして試合に挑んでいる中、いろいろ注文するのは気が引けるのですが、心からボクシングを愛するファンとして村田選手にはおゆるし頂きたいと願います。
今後の活躍を楽しみにしています。村田選手、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.9.5 WBC世界フライ級タイトルマッチ

WBC世界フライ級タイトルマッチ チャンピオン八重樫東×同級1位ローマン・ゴンザレス

う~ん、予想もしなかった八重樫選手のファイトに、この試合を総括する言葉が見つかりません。
とにかくアマチュアからずっお無敵のロマゴン選手に真っ向から打ち合いを挑んだ八重樫選手。
このチャンピオンらしい姿勢にボクシングの最高の魅力を見ることができました。
最後まで逃げなかった八重樫選手のファイトに感動しました。
勝ったローマンゴンザレス選手。さすがでした。
これでチャンピオンになりましたので、また防衛戦での素晴らしい試合を期待したいと思います。
このような試合に挑んだ両選手、両陣営にボクシングファンとして、心から拍手を送りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014・9・5 WBC世界フライ級タイトルマッチ 予想

2014.9.5 WBC世界フライ級タイトルマッチ 王者八重樫東選手×同級1位ローマン・ゴンザレス選手 予想

このブログに訪問下さる皆様、大変ご無沙汰してしまいました。

何も書いていない時もお越し下さった皆様、ありがとうございます。

今日は久しぶりに記事を書こうと思います。

・・・・というより、ボクシングファンとしては、どうしても書かざるを得ない試合かと思います。

皆様ご存じのように、あまりの強敵なため、どの世界チャンピオンからも敬遠され続け、世界最強の実力を持ちながら、なかなか世界戦にたどりつけなかったからローマン・ゴンザレス。

何はともあれ、まずはその怪物ローマン・ゴンザレスの挑戦を受ける八重樫選手に心から拍手を送りたいと思います。

本当にボクシングを愛する私の周りのファンの間では、八重樫選手の勇気を称えるエールで埋め尽くされています。

それだけ、ファンは本物のチャンピオンを望んでいますし、最強者同士の戦いを望んでいるのです。八重樫選手こそ、本物のボクサーであり、チャンピオンだと思います。

それで今日は、このビックファイトを予想してみたいと思います。

多くのファンはローマン・ゴンザレス選手のKO勝ちを予想すると思います。

私の予想もほぼ同様です。ただし、八重樫選手の勇気を称え、万が一かも知れない勝ちも期待したいですね。

元々、八重樫選手は経験豊富で体力もテクニックもスピードも兼ね備えたチャンピオンです。何かあるかもと期待するのも試合前の楽しみとして許されることでしょう(^^)

試合ですが、大橋ジム側の作戦を考えると、八重樫選手は得意のフットワークを生かして出入りの早い動きで、ロマゴンのパンチをかいくぐりながら手数とヒットでポイントを稼ぎ、有効ポイントで判定勝利しかないと思います。

それでもロマゴンのパンチを全部はずすことは不可能ですから、何発かはチャンピオンも被弾するでしょう。少しずつでもパンチを食らうと、そこは強打のロマゴンですから、いくらタフネスな八重樫選手だとしても、徐々にフットワークに影響が出てくると思います。そのパンチを耐え、何ラウンドまでフットワークを生かせられるかがポイントではないでしょうか。

もうひとつは、ロマゴン選手のパンチを八重樫選手が受けた時、一つのパンチで終わらせるか、その後のコンビネーションパンチまで受けてしまうのか、という点も、もうひとつの勝敗の分かれ目のような気がします。即ち、一発までは被弾しても、次の返しのパンチをかわすこと。これができれば、何とか12ラウンドまで持ちこたえて、八重樫選手の判定勝ちがあるかもと予想します。

一発目を食らった後、二発目のパンチを食らう状態になったり、八重樫選手が有利な戦い方で勢いにのって色気を出してしまう場合、相手の打ち合いに応戦してしまう場合、TKOもしくはタオルでロマゴン選手の勝ちになると思います。

いずれにしてもこんな楽しみな試合はボクシングならではです。スピードとテクニックとパンチ力、そしてその裏側にあったであろう練習や減量苦などを試合の中で垣間見ながら、男の勇気を見届けてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.4.4 IBF世界バンタム級挑戦者決定戦

IBF世界バンタム級4位ランディ・カバジェロ×同級5位大場浩平

大場選手にとって乾坤一擲の大一番の試合に、今夜は名古屋から貸し切りバスで応援に駆けつけました。

大場選手は勿論、彼を応援してきた私たちファンは、随分前から待ちに待った世界タイトルマッチへの切符が、ようやく手の届くところまでやってきて、長い間、どれほど厳しい練習、過酷な減量に耐えて来たかを振り返り、今日の試合をとても感慨深く迎えたのでした。

それにしても、ランディ・ガバジェロ選手は、強い選手でした。20戦20勝12KO無敗。

ただ、無敗とは言え、オーソドックスを得意とする大場選手。KO率も6割とそれ程驚異的ではないアガバジェロ選手に、ひょっとしたらひょっとするかもと、正直大きな期待をしておりました。

しかし、大場ファンとしては、こんなことを言いたくはないのですが、初回のガバジェロ選手が放った、大場選手へのショートのカウンターがすべてのレベルの違いを表していたような気がします。

大場選手が狙いにいったワンツーに対し、見事に狙い澄まし、タイミングがどんぴしゃりの右カウンター。大場選手は思わずダウンをしてしまいました。

このスピーデイな大場選手の動きにあの右をカウンターで合わせる、そんな選手は世界広しと言えども、ほとんどいないと思います。早い動きの大場選手に対して、ほんのわずかなしかないはずのタイミングを狙って打つ・・・・言葉がありませんでした。

1ラウンドはゴングに救われましたが、私はとても強敵だと感じました。ロリーもツニャカオも強かったのですが、それとはまた種類の違う強さと言いましょうか、種類の違うレベルとでも言いましょうか・・・

とにかく、この選手は強い!という印象でした。

2ラウンド以降も大場選手の早いジャブをまともに受けず、頭を振ってかわしたと思えば、ジャブにジャブのカウンターを合わせていました。しかも、スピードも重さも大場選手を凌ぐジャブに見受けられました。

大場選手のジャブを見透かしたように返り打ちにするカウンター。これでは、ジャブも出せないし、苦戦するだろうと思った矢先、大場選手は接近戦に戦法を変えて行きました。

ジャブを控えて、接近してはボディーを決める。ここに活路を見出そうとしたのでしょう。しかし、ガバジェロ選手も多彩なコンビネーションで大場選手を攻め立てます。本当にパンチが重そうでした。

大場選手がグローブでガードした上からブンブン振り回し、左右のフック、アッパー、ボデイーが的確で、ガードしてても、大場選手はフラフラしてしまいます。多分、1ラウンドのダウンが効いていたんでしょう。

徐々にダメージが蓄積されてきて、それでも尚前に出て愚直にボデイーを攻めていました。反撃に転じても、ガバジェロ選手は思いパンチで大場選手にダメージを与えていきます。

大場選手にしては珍しくいろんなパンチを打たれ続けました。本当にテクニックと力のあるガバジェロ選手。でも、この試合に掛ける意気込みと気迫を大場選手からは感じました。

これだけ打たれても倒れずに攻めようとする姿勢に、心が苦しくなりました。普通の試合だったら、タオルだろうと思いましたが、誰もがどこまでもこの試合にかける大場選手を分かっていますから、なんとかしのいでスタミナのある大場選手が得意な後半勝負にならないかなどなど、いろいろな思いが交錯する難しい局面でした。

結果、8ラウンドでタオルを投入。残念でしたがやむを得ないTKO負けだったと思います。世界との壁を感じざるを得ない、そんな試合でした。

後で聞いてみたら、6ラウンドで勝負をかけて、もういっぱいいっぱいだったようでした。本人は、良いボディが入って、これから行ける、と感じていたようです。ところが自分が倒れていたと。後の記者会見で話していました。

相当意識がフラフラだったのかも知れません。

でも、大場選手は負けても、いつものようにファンに感動を与えてくれました。若く勢いがあった時に、あるいは対戦相手が組みやすい相手であったら・・・・などなど、本来フェアーなものではなくても良いから世界のベルトを巻かせてあげたかったと思う選手でした。

少なくともタイトルマッチ、一度はさせてあげたかったですね・・・

何だか一つの時代が終わったような気がして、少しさみしくなりました。

おそらくこれで彼は自分のボクシングの幕を閉じることでしょう。

夢を見させてくれてありがとう、大場選手。今日はお疲れ様でした。

1396630482546

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.31 WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ 王者内山高志×同級4位金子大樹(横浜光)

え~、大晦日の世界タイトルマッチ、取りはこの人・内山高志選手ですね~しかし、この大晦日の世界チャンピオンは三人とも力量があり、見ごたえ抜群ですので、一日に同時に行うのはもったいない気がしています。

もう少し、一試合一試合の余韻に浸りたいですね(笑)

さて、この試合ですが、戦前の予想通り、金子選手の健闘が光りました。私の周りでは、もしかしたら番狂わせもある、と予想がありました。それ程、金子選手は素晴らしい挑戦者でしたね。

何よりも打たれ強かったです。そしてスタミナもあります。長いリーチを生かして、相手の距離になかなかさせないディフェンス技術もあり、スピードもあります。そして、度胸も。挑戦者らしくあのKOダイナマイトのチャンピオンに対して向かっていく姿勢が試合を盛り上げました。

内山選手が前回の防衛戦で見せた左わき腹へのボディーフックには、右肘でガードするなど十分な対策が練られていたようでした。そこを見逃さず、肘が下がったところを何度も上に左フックを合わせてパンチ決めていた内山選手もさすがです。おそらくですが、金子選手は内山選手のパンチの威力を感じていたと思います。そうでなかったら、もっと果敢に攻めていたでしょう。

唯一、10ラウンドに金子選手の大チャンスがありました。ダウンを奪った右ストレートはスピーディで内山選手には見えなかったのではないでしょうか。その前に左のパンチがヒットし、内山選手が一瞬反応が遅れた隙を見逃さなかった右ストレート。試合前に、チャンスは一度来る、その時に仕留めるようなコメントがありましたが、まさにこの瞬間がそうでした。千載一遇のチャンス。10ラウンドにこのパンチが打てるというのは、スタミナ十分な証拠ですね。おそらく日本レベルの選手でしたら、このままKO負けとなるでしょう。

しかし、内山選手は百戦錬磨。このピンチを笑って凌ぐ当たり、相手にとっても脅威ですね(笑)内山選手の王者としての経験と余裕が、金子選手の良さを消してしまった感じがありました。

更に内山選手がハイレベルなチャンピオンを証明したのは、その最大のピンチであったはずの11ラウンドでした。ここで決めなければ勝利はないと踏んだ挑戦者が、積極的に出かけたところを、すかさず罠にかけたように自分のボクシングで反撃しました。それまでのラウンド以上に、見事に相手との距離を合わせてダイナマイトパンチを打ち込みます。さすがの金子選手もこれでダウンかと思いきや、粘りました。気持ちと体の強さがありますね。両者に男の意地がぶつかり合い、大変、見ごたえがあるラウンドでした。

最終ラウンドも内山選手のペースで進み、結局、金子選手の右ストレートを単発で受けた4ラウンドとダウンした10ラウンド以外は、綺麗に内山選手が取って、チャンピオンの8度目の防衛となりました。

私は、この金子選手は将来、世界チャンピオンになる器だと思います。

ただ、今の内山選手とですと再戦しても又負けると思います。それまで、自分の間合いでの試合運びが、内山選手相手にはほとんどできていなかったからです。もし、11ラウンド、12ラウンドにような自分の間合いで攻め始めると、とたんに内山選手の餌食になり、今度は早い回でKOされてしまうかも知れません。この辺りの試合運びを工夫し、練習を積んで行けば、挑戦者は若いですし、伸び白が多いにありますので、いつか世界チャンピオンに輝くと思います。

負けてあっぱれの金子選手。判定ながら見事に8度目の防衛を果たした内山選手。ともに素晴らしい試合でした。ありがとうございました。

ところで、テレビ東京のアナウンサーが、やたら内山選手と三浦選手の統一戦をけしかけていたのが気になりましたが、本当のボクシングファンはそれを期待しているのでしょうか?ちょっとデータを知りたい気がします。

というのも、正直、私はこの統一戦を今は観たくないんですね。この王者のまま、二人とも海外へ出て行って、ビッグマッチをする方がワクワクするんですが・・・・

そして、目の肥えた本場のファンに認められてからでも、良いのではないでしょうか?本当にファンは二人の統一戦を望んでいるかなあ・・・

さて、今年も日本人のボクシングの試合を中心に、言いたい放題、アップも気まぐれという無責任なブログですが、皆さんと一緒にボクシングを純粋に楽しみたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.31WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 王者井岡一翔×同級3位フェリックス・アルバラード(ニカラグア)

このブログにご訪問下さる皆様、新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

今回の井岡選手の対戦相手はKO率80%を超える無敗の挑戦者でした。以前、タイトルを獲った時も無敗の選手を相手にKO勝ちしていますが、まずはそういった強い相手を世界戦で選ぶ、その勇気を称えたいですね。無敗というのはそれなりに理由がある訳で、ましてやKO率が高いというのは、その上に更にKOパンチがあるということに他なりません。

試合内容ですが、やはり挑戦者は自分のパンチ力に自信があるようで、序盤からアグレッシブにパンチを振り回してきましたね。解説者の内藤大助氏も時折漏らしていましたが、恐いな~、という感じでした。

見るからにKOパンチです。しかも手数が多くて、これは強敵だな、と思いました。それでも井岡選手はひるまずに、果敢に向かって行く姿勢が感じられました。何と言いますか・・・パンチ力と手数では挑戦者が上回っており、チャンピオンのパンチが的確だったとしても押し切られてしまいそうな展開でした。

それでもチャンピオンが素晴らしいのは、そういった試合の流れとは別に自身の組み立てが頭にあったようで、実に落ち着いた試合運びだったように思います。相手のパンチを届かない距離まで逃げて避けるというのではなく、自分のパンチが届く範囲で避けていて、万が一まともにくらってしまったなら一気にピンチの陥る、という場所で戦っている、その技術と勇気に感動しました。

挑戦者のパンチ力には若干劣りますが、チャンピオンのパンチは的確なのと、角度が素晴らしいので、徐々に効いてくる印象です。それもこれも相手のパンチを恐れずに向かう姿勢が生み出すものだと思います。チャンスをうかがいながら、空いた場所を見逃さず、スピーディに打ち分ける。パンチの強弱も、同じ手から放つダブルのパンチもバラエティで、実に引き出しが多いな、と感心して観ていました。

相手のパンチをかわす防御感も素晴らしく、また意外に打たれ強い感じがしました。アルバラード選手も多彩なパンチで、結構チャンピオンにパンチをヒットさせていたと思いますが、チャンピオンがひるむ場面はほとんどなかったと思います。

回が進むに連れ、むしろ挑戦者が弱り始め、いよいよ井岡選手の組み立て通りの展開のフィナーレが近いように見受けられました。観衆が見ていて感じる選手同士のパワーの差とは別の世界で、じわじわ追い詰めながらチャンスを待ち、虎視眈々と作戦を進めて、気がついた時には、逆に完全な井岡選手のペースになっている感じでした。

改めてチャンピオンの素晴らしさを感じましたが、この試合で井岡選手の特徴らしきものを再発見した気がします。それは、通常、対戦相手との距離のつかみ方は、左ジャブ(左ききなら右ジャブ)で計るものですが、井岡選手は更にもうひとつ、左肩で距離を計っている様子があります。なので、得意とする距離が左ジャブの当たる距離だけではなく、もっと近距離になっても左肩を使い相手との距離を自分の得意な距離にしている、すなわち何通りかの自分の得意な距離を持つことができるのではないかと感じました。

気がついた方も大勢おられると思いますが、左肩と相手の右ほほが自分の距離に入った時の左フックが実に綺麗で的確なのと、相手のパンチを避ける場合の距離勘からそのように感じますが、実際、どうなんでしょうか・・・

もうひとつは、体の軸が全然ぶれないですね、パンチを打っても防御しても。ですから、すぐに反撃のパンチも何通りも出すことができますし、挑戦者のように大ぶりしてバランスを崩すようなケースはほとんどありません。

この若さで、ここまでの落ち着き、冷静さ、テクニックは、本当にチャンピオンに相応しい選手だと思います。

素晴らしい防衛勝利、おめでとうございました!

・・・付録ですが、ロマゴン選手との対戦はぜひ実現してほしいカードです。パンチ力がずば抜けているロマゴン選手に対して、井岡選手のテクニックがどこまで通じるのか、いろいろな障害はあると思いますが、このカードでしたら例え負けたとしても、敗者の評価は決して下がることはなく、負けて評価が高くなる対戦カードだと思いますが、果たして実現することはあるのでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

スポーツ